SiteGuardシリーズ製品概要

WAFの活⽤が有効なケース

SiteGuardシリーズ製品概要

  • 脆弱性を修正できない
    脆弱性の存在を把握しながらも運⽤上の理由からアプリケーションを修正できない場合があります。脆弱性の修正とWAFを併⽤することで現実的かつ効果的な対策が可能です。
  • 保険的対策をしたい
    情報流出等の事故が起きてしまうと、直接・間接的に莫⼤なコストが発⽣します。事前対策としてWAFを利⽤することで、万が⼀のリスクを低減することができます。
  • いますぐ攻撃を防ぎたい
    ウェブサイトが実害を被ると対策完了までサービスの再開は困難です。ダウンタイムは機会損失に直結します。緊急対応的なWAFの活⽤は迅速なサイト復旧の助けとなります。

この機会にぜひご確認ください。

資料ダウンロード