HTTP

 2019.12.04  株式会社ジェイピー・セキュア

Hypertext Transfer Protocolの略称で、WebブラウザなどのクライアントがWebサーバーと通信する際に用いらる通信プロトコルのこと。ステートレスという特徴があるため、Cookieなどの技術を組み合わせることで複数回にわたるやり取りを維持します。
(セッションの維持)また、HTTPでは通信するデータが暗号化されないため、SSLを活用することでデータを暗号化し、HTTPSで通信することが一般的です。

昨今では常にHTTPSで通信(常時SSL)することが推奨されており、HTTPSで通信していない場合にはブラウザ上に警告が表示されるようになってきています。

関連用語:SSL

RELATED ARTICLE関連記事


SiteGuardシリーズに関するお問い合わせはこちら