ロードバランサ

 2019.12.04  株式会社ジェイピー・セキュア

システムに対するリクエストを複数に分散することで、負荷分散や冗長性を実現する仕組みの一つ。ロードバランシングの対象となるサーバーを増設することでシステムの成長や負荷状況に応じ、柔軟に拡張することができます。

また、対象サーバーに対するヘルスチェック(死活監視)によってリクエストの振り分けを制御することができるため、対象サーバー単体の障害が発生してもシステム全体が停止するといった事態を回避することができます。

関連用語:負荷分散、冗長構成

RELATED ARTICLE関連記事


SiteGuardシリーズに関するお問い合わせはこちら