国内初、月額課金提供 ホスティング事業者へウェブアプリケーションファイアウォール製品を月額課金提供

 2008.12.15  株式会社ジェイピー・セキュア

2008年12月15日
株式会社ジェイピー・セキュア

ホスティング事業者向、「SiteGuard」を月額課金提供

株式会社ジェイピー・セキュア(本社:川崎市川崎区、代表取締役:菅原修、以下、JP-Secure)は、ホスティングサービス事業者が運営するレンタル サーバーサービス向けに、シグネチャ型ウェブアプリケーションファイアウォール(以下、WAF)である「SiteGuard(サイトガード)」を、ウェブサーバー(ドメイン)の利用数による従量制、月額課金方式で提供することを発表いたしました。

「SiteGuard」は、Linuxで動作するソフトウェアのWAF製品であり、トラステッド・シグネチャ(定義ファイル)のみで防御が可能な為、アンチウィルスゲートウェイ並みの手軽さで、レンタル サーバーの追加サービスとして提供が可能です。

昨今、SQLインジェクションといった手法をはじめとした、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用した事件が急増しており、ウェブアプリケーションのセキュリティ対策が問題視されており、レンタル サーバーにおいても例外ではありません。しかしながら、従来のWAFはウェブサーバー(ドメイン)個別にホワイトリストを設計・作成する必要があった為、レンタル サーバー、中でも共用ホスティングサービスでのWAF機能の提供は難しいと考えられてきました。JP-Secureの「SiteGuard」は、トラステッド・シグネチャのみで防御を可能とする製品であり、アンチウィルスゲートウェイ並みの手軽さで、ホスティングサービスにおける複数のウェブサーバー(ドメイン)へのWAF機能の提供を実現します。JP-Secureは、「SiteGuard」のライセンスを、ウェブサーバー(ドメイン)の月々の利用数による従量制、月額課金方式で提供します。

four_11_bk 「SiteGuard」の特長

1.業界最高のトラステッド・シグネチャ(ブラックリスト)を搭載
「SiteGuard」は、国内屈指のネットワーク・セキュリティの専門家によってチューニングされた、高速で高品質のトラステッド・シグネチャを標準搭載。多重防御機能と併用して、既知の攻撃の97%(自社調べ)を防御します。

2.自らが進化する、自己学習機能
自己学習する「パラメータ検査機能」によって、自社アプリケーションに対応したホワイトリストの作成が可能。「SiteGuard」は未知の攻撃への予防も可能です。

3.柔軟かつシンプルに、スムーズスタート&らくらく運用
「SiteGuard」はポリシー策定することなく導入でき、トラステッド・シグネチャの自動更新により導入・運用負荷を大幅削減。また、ソフトウェアならではのネットワーク構成への柔軟な対応も可能です。

4.Made in Japan 完全国産の安心感
日本のウェブ文化を熟知した完全国産製品である「SiteGuard」は、管理画面、マニュアル、サポート等の日本語対応は勿論のこと、ユーザーの安心感と満足感を倍増させます。